• ストレスチェックとは

    ストレス社会とも言われて久しい現代、特に仕事上のストレスで悩み、体を壊してしまう人も少なくありません。

    ストレスチェックに関する情報をご覧ください。

    よく耳にするのは、社内や社外での人間関係のこじれ。
    そりを合わない上司、価値観の異なる同僚、なかなか意見を聞かない部下などとのあつれきに疲れてしまう人も多いです。



    また、最近では人手不足の影響もあり、一人に多くの業務が集中してしまい、過労で心身ともに不調を訴えるケースも増えてきています。
    このような仕事上のストレスは、本来は、雇用主である会社が事前に把握し、状況が悪化しないように、人事異動や業務管理など適切な手を行うべき。



    しかし、現実には、会社が従業員一人一人の状況を把握するのは難しく、実際に体調を崩して初めて問題が顕在化することの方が多いのです。そこで、従業員をストレスや過労から守るため、厚生労働省の主導で、ストレスチェックと呼ばれる制度が新たに導入されました。


    このストレスチェックは、会社に代わって個々の従業員のストレス状態をチェックするものです。


    ストレスチェックにおいては、まず、従業員一人一人に、ストレス診断を行うための調査票が配布されます。

    個々の従業員は、現在自分が置かれている状況に鑑み、調査票に記載された設問に回答していきます。


    回答された調査票は、会社ではなく、第三者の専門機関によって回収されます。
    会社が従業員の回答内容をチェックできない点がポイントです。

    これにより、従業員は、会社に気兼ねすることなく実際の状況を回答することができるようになります。


    回収された調査票からそれぞれの従業員のストレス状態が判定されます。
    かなり強いストレスを受けていると診断された人については、速やかに医師との面談が設定され、ストレスの根本原因の究明や、ストレスの軽減方法などについて話し合われることになります。